topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅館の食事処コーディネート - 2013.06.03 Mon



1月から通っていた、栃木県の旅館の食事処コーディネートの
仕事が先週末、終わりました。



座敷形式だった宴会場から、ダイニングスタイルの食事処へ。

お客様の満足度が上がってくれるとよいのですが。


IMG_4125.jpg



今回の業務も、とても貴重な経験となりました。


スポンサーサイト

行ってみたい宿 小布施の『桝一客殿』 - 2011.01.18 Tue

まだ行ってないけれど、ネットで見つけて以来、
きっと泊まるぞとひそかに心に決めている、一軒。

それが長野・小布施にある「枡一客殿(ますいちきゃくでん)」です。

masuichi


宿の全貌は、なかなかネット上で公開していないのですが、
建物は、江戸時代の土蔵や、昭和初期の土蔵倉庫などでつくられていて、
私的にはゼッタイ「当たり」。


「当たり」の匂いがします


masuichi

「書斎型」「リラックス型」「リビング型」と客室タイプがあるのですが、
1泊当たりの料金は、

「書斎タイプ」2名1室朝食付で、36,750円(18,375円/1人当たり)~47,250円。


夕食は、敷地内にある3カ所のレストランで。

家庭料理や酒造場の蔵人が食す、寄り付き料理「蔵部」、
信州の食材がふんだんに頂ける、イタリア料理「傘風楼」、
そして、和食「小布施堂本店」からチョイスできます(もちろん別料金ですが)


その後は、傘風楼の2階のピアノ・バー「鬼場(オニバー)」でまったり。

onibar

地元の土から作られた鬼瓦がインテリアに使われているそうです。

貯金中なので、あくまで妄想ですが。


どうでしょう。こんな1泊



※画像は「桝一客殿」様よりお借りしました。

フランスの古城ホテル「Le Cagnard(ル・カーニュ)」 - 2010.10.20 Wed

ホテルや旅館大好きの私ゆえ。
誰かがどのホテルを好きだとか、知るのは楽しいもの。


ある雑誌で『私の好きなホテル ベスト3』特集を
読んでいたら、私が尊敬してやまない、
家具デザイナーの小泉誠さんが好きなホテルを
挙げていらっしゃいました。


小泉さんのfavorite hotel No.1は、
南仏の、小高い山の上にある「Le Cagnard(ル・カーニュ)」。

hotel
レンガが長い歴史を物語ってます


古城の一部を使ったレストラン&ホテルだそうで、
南仏の海を見下ろすそのロケーションも
素晴らしいのだそうです。

hotel
この天井、すっごい凝ってるー


そして、ホテルの中は天井が低く、
屋根裏部屋もあったりして、
かなり入り組み、まるで迷路のようなのだとか。


hotel

そして、食事もおいしいのだそう 

文句なしですね。このシチュエーション。


このホテルは、なにもかも中世の雰囲気のまま、
大事に管理されているそう。


フランスはもちろん、
ヨーロッパには、まだ一度も訪れたことがない私

旅館だけじゃなく、世界のホテル文化にも
もっと関心もたなくては

※画像は「トリップ・アドバイザー」様よりお借りしました。

ギリシャ・アテネのパステルカラーホテル♪ - 2010.08.05 Thu

天気予報によると、今日はこの夏MAXの
暑さになる予定だったんだとか

今日何度までいったんでしょう。

確かに日中外に出た瞬間、
辺り一面、真っ白だった・・・・光の勢い、強っ!
紫外線パワー、炸裂です。



さて、最近、業界誌を読んでいたら、
カラーをテーマにしたホテルをハッケン。

gaikan
ギリシャのアテネ近くにある「セミラミスホテル」


ま、まぶしい~

2004年8月に、ギリシャのアテネオリンピック開催に
あわせてオープンした、カラーにこだわったホテルです。


living

ほっ、中はかわいい・・・。
ちょっと外観がすごすぎたから。


デザインは、エジプト・カイロ出身で、
現在NYで活躍しているという、カリム・ラシッド氏。

ソニーやジョルジオ・アルマーニのデザインも
手掛けているという有名な方で、
ホテルは、この「セミラミスホテル」が初めての
プロデュースなんだそうです。

kyakushitsu

ちょっと女の子チック?
こないだのローラ・アシュレイの客室も良かったけど、
こんなのもかわいいのだ 

私のパーソナルカラーは「冬」なので、
こういう自分が持っていない「色」って
憧れるなあ。。。




関西に『ローラアシュレイルーム』誕生♪ - 2010.07.29 Thu

女性なら、きっと好きだと思う、
英国のラグジュアリーブランド、『ローラアシュレイ』。

文句なく、かわいいと思う。

このローラアシュレイ一色!の客室が、
ラマダホテル大阪に今年の7月1日、登場しました。

シングル10室あるのですが、ピンクかブルーの
2パターンがあるそうです。
しかも、1泊1万円! 
決して手が届かない料金ではありません~q(*゜▽゜ノノ゛

ピンク ブルー
ピンクとブルー。やっぱ一度はピンクかな。


客室の壁紙クロス、カーテン、クッションなどなど、
すべてローラアシュレイで統一。

スタンドライトは、なんとローラアシュレイのオリジナルデザインで、
台座はピンクと透明のクリスタルが配されています。
(画像なし・・・(ρ_-)o☆彡)

ダストボックスは、壁紙クロスやカーテンと同じ柄なのですよ!



そのほかに、
ルームシューズ
ルームシューズや

ランチボックス
ランチボックスや

メモパッド
メモパットまで。

これらの商品は、サービスではなく、
販売されているもののようですが・・・。

現在、オープニングキャンペーンをやっていて、
8月31日(火)までに宿泊すると、
客室料金が千円引きの、9,000円で泊まることができ、
さらに、宿泊者全員にメモパッド(上の画像)がもらえるらしい☆


実は、ローラアシュレイって、
ちょっとロマンティックすぎるかなって
今まで思ってたのですが。
この客室に泊まったら、かなり癒されそうですねー。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

サイト内を検索

プロフィール

michikobito

Author:michikobito
古民家や伝統工芸、古い建築物など、
日本ならではのものに目がない、
旅館系インテリアコーディネーター、
二級建築士です。

最新記事

カテゴリ

private (108)
my favorite (22)
家具 (35)
器・雑貨 (56)
テキスタイル (10)
照明 (7)
本 (27)
行ってみた (71)
調べてみた (24)
ココロ惹かれたもの (34)
つくってみた (14)
内装・建材 (9)
ホテル・旅館 (14)
レストラン・カフェ (34)
韓国大好き (4)
記念日カレンダー (12)
犬(凪 NAGI) (8)

FC2カウンター

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。