topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京マニアック博物館』、『東京建築』、『おうちで楽しむ日本の行事』を読んだ - 2015.06.25 Thu

ここ数か月、2週間に1度は図書館から本をどっさり借りて読んでいます。
今の私のなかの読みたいジャンルは、建築と歳時記。



P5221602.jpg
『東京建築みる・あるく・かたる』京阪神エルマガジン社 倉方俊輔、甲斐みのり氏著
『東京マニアック博物館おもしろ珍ミュージアム案内』 メイツ出版 町田忍氏著




『東京建築』は、建築史家である倉方俊輔さんと、文筆家の甲斐みのりさんが
一緒に散歩をしながら建築についてとことん話し続けるユニークな試みの本です。

神保町やお茶の水、向島・浅草、両国・深川、青山・表参道などに残る
明治以降の近代建築から、戦後復興期や経済成長期、そして最新の建物群まで
まんべんなくひろっているのが興味深い。

特に神保町と御茶ノ水、私はこの界隈を歩くのが昔から好きだし、
昭和の香りがする喫茶店(カフェではない)を見かけると思わず入ってしまうので。




『マニアック博物館』は、「目黒寄生虫博物館」や、
(以前見に行ったことがあります。相当に強い記憶が残っています 笑)
法律で栽培が禁止されているケシを都内で唯一見られる「東京都薬用植物園」、
国内外の拷問、処刑器具が展示されている「明治大学博物館刑事部門」など、
マニアか少し変わった趣向の方でないとちょっと見に行きたくはないような
博物館なども掲載されています。



また、これからはもう少し、
日本の歳時記についてもっと知りたいなあ。

P3130233.jpg
『おうちで楽しむ日本の行事 (王様文庫)』 三笠書房 広田千悦子
※こちらの本は、図書館で借りてとてもよかったので購入しました。



エッセイと、著者の広田千悦子さん自身が描かれたイラストが読みやすく、
季節料理の造り方や行事の飾りつけなどを、月ごとの暦カレンダーとともに
愉しむことができます。




あー、隙間時間がもっとほしい!
毎晩夜更かし。。。眠
















スポンサーサイト

『ほぼ1円の家』、『東京R不動産2』を読んだ - 2015.05.19 Tue

時間があるときは、図書館に良く行きます。
こないだ借りた本は。。。


IMG_3307.jpg
2009年版 『ほぼ1円の家―中古住宅ともったいないDIY術』
石倉ヒロユキ氏著、日本放送出版協会


築40年の中古住宅を購入した絵本作家が、
ネット通販で手に入れた格安資材でのリフォーム工事の顛末を記した本。
廃材を多く利用した独特のDIYの世界が広がっています。


家がほぼ1円、というのは、建物の減価償却がほぼ終わっていて、
建物自体の評価額がほぼ無料ということらしい。
もちろん、別途土地の値段はかかっているはず(そりゃそうだ)。




それにしても、フローリングやタイルの張り替え、
さらには家具まで段ボールでつくってしまうところがすごい。
お金がなくてもアイディア次第で家づくりはできるものだな。





また、『東京R不動産2』を再読。
古い倉庫を改装、海が目の前、など“物件そのものの価値”に
目を向けて、賃貸や売買物件を紹介している不動産会社の本です。

HPは月間500万ページビューといわれるほどの人気サイト。
私はこの会社が扱う物件の雰囲気やリノベーションの考え方がものすごく共感できる。



IMG_3311.jpg

IMG_3312.jpg
2010年版 『東京R不動産2 (realtokyoestate)』
東京R不動産著、太田出版



先月、良く見る「カンブリア宮殿」にR不動産の代表が出演されると知った際は
小躍りし、もちろん視聴しました!(^^)!
古い物件の長所をいかに残しながらリノベーションしていくのか、また
お客様の反応なども詳しく知ることができてとても見応えがありました。




20歳の頃からアパートで一人暮らしをしていた私でしたが、
こんな面白い賃貸物件があるのを知っていたら、
一度は借りてみたかったな。

『へぐりさんちは猫の家』を読んだ - 2015.04.02 Thu

東京のサクラ、今まさに満開です。
楽しめるのは今週末までか? 天気がしばらくもってくれるとよいのですが。




先日、こんな本を読んでみました。 
写真が多く、かるく読みすすめられる。



P3110221.jpg
『へぐりさんちは猫の家』幻冬舎版、廣瀬 慶二著




ペット共生住宅の専門家である著者(一級建築士)のもとにまいこんできた
「猫15匹と犬5匹と一緒に住む一軒家のデザインをしてほしい」という依頼に苦悩しながらも、
ジグザクのキャットウォークや猫窓、猫道、爪研ぎ柱などなど、
いたるところに著者のアイディアがあふれているフォトエッセイです。


P3110222.jpg



うちは犬を飼っているので、もう少しワンコについての
記述がほしかったな
そしてやはりノウハウだからか、平面図や立面図、パースなどは掲載されていなかった。




私のうち(マンション)も、床材とかリード用フックとか、
もう少し、ナギにとって快適な住まいにしてあげたかったな。

今からでもできる、ワンコにとっての快適な空間を
少しずつつくっていこう。










『ねじれた家、建てちゃいました』を読んだ - 2015.03.05 Thu

先日こんな本を借りました。



『ねじれた家、たてちゃいました ~建築家アトリエ・ワンとすすめた家建て日記』
平凡社 2012年版
P2060026.jpg



施主は東京藝大を出たデザイン系のお仕事をされているご夫婦。

ある日家を買おうと思い立ち、建売住宅の見学をはじめ、
しかしなかなか思うような物件にめぐりあえず、ついには理想の家をつくることになるという。




土地を探して、相性のあう建築家をみつけ、
基本プランの決定、そしてやっとむかえる着工から竣工までを赤裸々に書き表している。


途中、読んでいてここまで書いて大丈夫?と思うほど、
不動産業界への不満や本音も炸裂。(笑)



おしゃれなご夫婦に選ばれた建築家アトリエ・ワンも、
ご夫婦でやられている人気の設計会社のようです。



できあがった家は、隣地の日照りを確保するために
建物をぐにゃっとねじれさせている。


P2060027.jpg
こちらがその建物。「スウェー・ハウス(ねじれた家)」と名付けられている。



確かに、かなりねじれている!



P2060028.jpg


この本を読んでつくづく感じたが、
家を買う(特に建築家と話し合って、ゼロからプランをつくる)
というのは、相当大変な重労働だ。

どんな素晴らしいデザインをする建築家がいたとしても、
施主と相性があわなければ、お願いすることは難しいと思うし。

だから、こんなふうに理想の家を手に入れるまでのストーリーは
一本のドキュメンタリー映画をみているような気分だ。



うちはマンション住まいだけど、こんな本を読んでは
ひとり、いろいろと妄想しながら楽しんでいます。



アトリエ・ワンのHPはこちらです→

『もし女子高生が家を設計したら』、『カエテミル』を読んだ - 2015.01.17 Sat

久しぶりに、王子中央図書館に行ったら
あのエクスナレッジが、こんな本をだしていた。






萌える!って・・・ 

TAIMEI



前半は漫画が多く、とても読みやすかったのですが、
後半はほとんど文章と表だけとなり、エクスナレッジならではの専門的ーな内容でした。



これも読んだ。
『カエテミル』。


1




以前にも友人から借りて読んだことがあったので再読本ですが、
なかなか思いつかないユニークな視点で書かれていて、けっこう参考になります。




例えば我が家の冷蔵庫。
大掃除をした後、毎年1か月でほぼぐちゃぐちゃとなりますが。

この本を参考に、冷蔵庫の棚を
『長期保管用』、『数週間で使い切る』、『どんどん回転させる』棚と
分けてみたら、とっーても使いやすい。





他にも、『収納をカエテミル』、『飾りをカエテミル』など
いくつか出ているようなので、それも機会があれば読んでみたいと思います。





IMG_4888.jpg


上段:長期保存
中段:数週間で使い切る
下段2つ:どんどん回転!


なんだか変わるとリフレッシュできるなあ。(と自分に暗示をかける)



※ブログをご覧いただいている皆さんへ※

 事情により、しばらくコメント欄を閉じさせて頂きます。
 今後ともよろしくお願い致します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

サイト内を検索

プロフィール

michikobito

Author:michikobito
古民家や伝統工芸、古い建築物など、
日本ならではのものに目がない、
旅館系インテリアコーディネーター、
二級建築士です。

最新記事

カテゴリ

private (108)
my favorite (22)
家具 (35)
器・雑貨 (56)
テキスタイル (10)
照明 (7)
本 (27)
行ってみた (71)
調べてみた (24)
ココロ惹かれたもの (34)
つくってみた (14)
内装・建材 (9)
ホテル・旅館 (14)
レストラン・カフェ (34)
韓国大好き (4)
記念日カレンダー (12)
犬(凪 NAGI) (8)

FC2カウンター

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。