topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京和傘日吉屋さんの和傘照明 - 2010.09.27 Mon

今日は東京は雨。
ちょっとやんで、また雨・・・。
長靴でお出かけして、良かった。
最近、めっきりさむくなりましたね。
皆さん、季節の変わり目ですので、体調崩されませんよう。


雨・・・傘・・・。
そうだ。京和傘日吉屋さん、私のお気に入り。

伝統的に受け継がれている和傘の製作はもちろんですが、
こんないろいろなインテリアをつくられています。


まずは、ミニ和傘照明。

wagasa
古都のあかり(大)

京のものづくり工房である「京和傘の日吉屋」さんと
「あかりデザイン工房」さんのコラボレーション商品。


それから・・・こんなペンダント照明も。

1 2
特注ペンダント照明


まるで傘の花が咲き開いたよう。
今度、自宅の照明をイメチェンするときは、やっぱこれだ。



※画像は、京和傘日吉屋さんよりお借りしました。
スポンサーサイト

手ぬぐい1枚をくるりと巻いたペンダント照明 - 2010.06.19 Sat

手ぬぐい。

数多くは持っていませんが、
手ぬぐい独特の優しい肌触りと、濡れてもすぐに乾く、
ジメジメした日本特有の気候にぴったりな機能性に惚れ込んでいます。

手ぬぐい  

私の好きなグリーン系の手ぬぐい。

そんな手ぬぐいには、さまざまな活用法があるんです。
そんななかで、私が特に気に入っているのはコレ。

手ぬぐい照明
凛<RIN>。


手ぬぐい1枚をくるりと巻いたペンダントライト。
ほわっとした優しい光が、手ぬぐいを通して洩れてきます。
シェードに使われている手ぬぐいは、東京下町の染色工場で染め上げられ、
ほとんどは、熟練の職人による手作業によるもの。


こちら、自由が丘のカギロイで購入しました。
定番商品として、数種類の柄がありますが、
自分のお気に入りの手ぬぐいで、オリジナル照明をつくることも可能です。

もちろん、手ぬぐいの柄に飽きてきたら、
張替えも可能です(もちろん張替え代はかかりますが)。


カギロイでは、手ぬぐい単品も販売しています。
コチラ
お店に行くと、もっともっと種類があります♪


手ぬぐい 



まるで海の中の生き物。「AQUA CREATIONS(アクア・クリエーション)」 - 2010.05.26 Wed

見れば見るほど、生きているようにみえる。

イブニンググローリー
「イブニング・グローリー」


これは、1993年にイスラエルで設立された、
AQUA CREATIONS(アクア・クリエーション)の照明。

特徴的なインドのオーガニックシルクを使用した
AQUAの照明は、光源に蛍光灯を用いているので、
環境にも配慮しています。


光源を直接見せない間接的な光が幻想的。
ひとつひとつが全てハンドメイドです。




これも生き物みたい。部屋のすみでじっとしている。


バスィト
「バスィト」


なんかもぞもぞと夜中に動き出しそうなんですけど。




これは、もうキノコそのもの。

ファン
「ファン」


AQUAの作品は、2000年にジョージネルソン賞を受賞、
ニューヨーク近代美術館にも展示され、MOMA SHOPでも販売されています。

東京なら「ホテルサンルートプラザ新宿」のロビーでも、
モニュメントのように存在感をはなっているAQUAの照明を見ることができます。



このAQUAの照明を取り扱っているのは、ADコア

プライスはちょっと驚きますが、
この仕上がり感を見たら、思わず納得です。



↑ブログランキング<インテリア・雑貨>:只今、22位/ 3987人中です。

”Lampada(らんぱだ)”プロデュース ~世界各国の照明~ - 2010.04.01 Thu

一度くらい、自分の部屋の照明を
これでもか!ってくらい、個性的ヾ(≧∇≦*) にしてみたいとよく思う。

しかも、なかなか他では見つけられないようなモノ。



ふふ。



ゼッタイ他では見つけられなそうな・・・そんな照明専門店が、
東京・中野にあった!

イタリア
びにょーんと伸びたこのランプ。うつぼかずらのよう。

イラン
ふりふりドレス。

インド
タージマハルを連想させるフレーム。

トルコ
先端がとがってますね。これは好きだなあ~。

フィリピン
ぜひ3連セットで使ってみたい。

モロッコ
乾いた空気とじりじりとした熱気のイメージ。


JAPAN!

・・・こうしてみると、日本の照明はやはり個性的。


こーんなに世界中から個性豊かな品々を選び抜きアレンジしてるのが、
60年余りの歴史があるという、新洋電気という会社。
あのヤマギワなどとも取引がある、実力派の照明メーカーです。

その会社が、照明技術を生かしたトータルインタリア事業として
おこしたのが、この「らんぱだ」。

さらに、このお店の近くには、カフェ「らんぱだⅡ」もあるらしい。
ここでは、フェアトレードコーヒーやチャイなどがいただける。

インドのチャイを飲みながら、インドのモザイク照明を選んでみたり・・・いいですねq(*゜▽゜ノ



※画像は、全てらんぱだ様よりお借りしました。


↑ブログランキング<インテリア・雑貨>:只今、12位/ 3743人中です。   

 

破れなくて雨にも強いp(^-^)q 林工芸の照明♪ - 2010.03.17 Wed

全国の旅館や飲食店で、すごく見かける機会が多い、
林工芸「Fores(フォレス)」シリーズの和紙照明。

岐阜県岐阜市にあるこちらの会社は、
デザインと機能性へのこだわりが高く、
いつも、革新的なアイディアで
新しい照明を作り続けています。

でも、価格は良心的。
例えば、ミニスタンドナイトライト2,415円~。
全国にファンが多いのもうなずけます。

先日も、屋外でも使えるアウトドア用の新製品を、
東京まで見せにきて下さいました。

屋外用照明

どうしてこのような照明をつくられたのか、お話を伺えば、
全国の旅館をいろいろまわられるたびに、
ちょっとだけ破れてたり、イタズラで穴を開けられてしまったりした、
かわいそうな和紙照明を幾度も見かけ、ずっと心を痛めていらっしゃったのだとか。

そこで、和紙照明の風合いを残しながら、強さを加味した
この和紙照明を開発! 
本当にありがたいです。。。



照明のほかにも、最近は
「HAYASHIブランド」を立ち上げられ、
デザイン性の高い素敵な小物をつくられているよう。

まずひとつめは、和紙のぞうり!

大阪に本社がある、鞄専門店の株式会社菱屋との
コラボレーションだそうです。(画像は林工芸様のHPよりお借りしました)

和紙のぞうり(女性用) 和紙のぞうり(男性用)

和紙のぞうりって、初めて聞きました。
強度を保つために、様々な工夫がされていることでしょう。

それから、かばん!
かばん

男女兼用です。A4の書類も楽に入りそう・・・。

すでにHPにアップされていて、もうすぐネット販売がはじまるようです。
これは楽しみ。


お値段はいかほどか・・・。気になるキニナル。



↑ブログランキング<インテリア・雑貨>:只今、8位 / 3673人中 デス。   

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

サイト内を検索

プロフィール

michikobito

Author:michikobito
古民家や伝統工芸、古い建築物など、
日本ならではのものに目がない、
旅館系インテリアコーディネーター、
二級建築士です。

最新記事

カテゴリ

private (108)
my favorite (22)
家具 (35)
器・雑貨 (56)
テキスタイル (10)
照明 (7)
本 (27)
行ってみた (71)
調べてみた (24)
ココロ惹かれたもの (34)
つくってみた (14)
内装・建材 (9)
ホテル・旅館 (14)
レストラン・カフェ (34)
韓国大好き (4)
記念日カレンダー (12)
犬(凪 NAGI) (8)

FC2カウンター

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。