FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根宮ノ下温泉の旅 「箱根吟遊」(3) - 2014.09.14 Sun

夕食が始まる前、チワワの凪を預けた動物病院に電話を入れて、

凪の様子を伺いました。



元気のようです。

よかったよ。。。でも、ずっと寝てるって。 明日早く迎えにいってあげよう。







お風呂上りにガーデンラウンジ「明星」でサイダーを頂いたあと、

お部屋に戻って、夕食を頂きました。

IMG_4730.jpg IMG_4727.jpg

土偶の箸置き。 3月だったので桜の演出も。

IMG_4741.jpg

もともと食欲旺盛な私ですが、もう9ヶ月後半ということで、

子宮が胃を圧迫しているのか、メイン料理が出てくる頃にはパンパン。

料理の途中で、隣のベッドに倒れこんでしまった。


あああー。全部食べることができなかった



ベッドに倒れこんだまま、動けなくなり、そのまま寝入ったのでした。。。





ZZZ・・・





翌朝。



おお!



天気が回復。


パンパンだったお腹も回復し、
カメラをもって、館内をひとりうろうろ。



IMG_4816.jpg IMG_4820.jpg
(左)ガーデンラウンジ「明星」脇の通路               (右)同「明星」脇の通路
IMG_4838.jpg IMG_4832.jpg
(左)SPAに続く通路                         (右)SPAエントランス


SPAは私には高価すぎたので、入口だけ見に行った。






昨日、真っ白でなにも見えなかった、ロビーにも行ってみた。



IMG_4789.jpg


 眺めがいいぞぅ (画像はぼやっとしているけど)


IMG_4776.jpg


あー、この景色が見れてよかったよ。

しばらくは、このような宿には来るのが難しいからね。



そして、チェックアウト。 

宿のみなさん、お世話になりました。(帰りに写真も撮って下さった)。







さて、、、、






ずっと昨日から、動物病院のホテルに預けてきた、凪  が気になってしかたない。




せっかく箱根に着たからと、宿をチェックアウト後、

ロープウェーに乗って大涌谷まで行ってはみたものの、、、

黒玉子を買って大涌谷でランチを食べた後、

すぐにロマンスカーに飛び乗って、動物病院に向かったのでした。





凪なしだと、心ここにあらずで旅がつまらんなー。

今度は、ゼッタイに凪を一緒に連れていこう。







その後、動物病院に迎えにいったら、

私たちの姿を見たとたんに、手足をバタバタしながら、

がっっと飛び込んできた。 



IMG_0858.jpg

太ももの上に、びったーんこ。

● COMMENT ●

おはようございます。

凪ちゃんも家族の一員なんですね。
今度は一緒に旅行できるといいですね。

お料理の演出、素晴らしいですね。
最後まで、食べれなかったのは残念だけど。

ロビーからの景色、綺麗ですね。
このお宿、素敵です。

ぴよこさま

コメントありがとうございます。
料理は全部食べきることができませんでしたが、
のんびりできてとても良い旅行でした。

凪は、置いてけぼりをくらうと、
やはり少しいじけますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onlyplacewecanmeet.blog108.fc2.com/tb.php/405-8f4d05e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アーバンドッグ ららぽーと豊洲へ «  | BLOG TOP |  » 箱根宮ノ下温泉の旅 「箱根吟遊」(2)

サイト内を検索

プロフィール

michikobito

Author:michikobito
古民家や伝統工芸、古い建築物など、
日本ならではのものに目がない、
旅館系インテリアコーディネーター、
二級建築士です。

最新記事

カテゴリ

private (108)
my favorite (22)
家具 (35)
器・雑貨 (56)
テキスタイル (10)
照明 (7)
本 (27)
行ってみた (71)
調べてみた (24)
ココロ惹かれたもの (34)
つくってみた (14)
内装・建材 (9)
ホテル・旅館 (14)
レストラン・カフェ (34)
韓国大好き (4)
記念日カレンダー (12)
犬(凪 NAGI) (8)

FC2カウンター

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。