FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本 『おふろでちゃぷちゃぷ』 - 2014.11.21 Fri

私は子どもの頃から、本を読むのが大好きで、
小学校の頃には『読書クラブ』という、今思えば、かなり暗ーいクラブに入ってました





結構、絵本の記憶って思い起こせばあるもので、
例えば、挿絵がこわい切り絵風の『モチモチの木』は、子ども心に、
とても恐ろしかったことを覚えている。 あの目つきが、、、、。しかも、真っ黒な背景色が多くて。





子どもが生まれてからは、絵本を読む機会が増えてきたので、
これからは買った絵本の感想も書いていきたいと思います。




まずは、ぱっとみてすぐにわかる、いわさきちひろさんがイラストを描かれた絵本。




PB174033.jpg
『おふろでちゃぷちゃぷ』
松谷みよ子著 いわさきちひろ
童心社 1970年初版発行


PB174035.jpg

PB174034.jpg




あひると一緒にお風呂に入ろうと、子供が一生懸命に洋服を脱いでいくお話。
文字が少ないし、大きめだから、とても読みやすい。
この本の魅力は、やはりやさしいタッチで描かれたイラストだなあ。




そういえば、『窓ぎわのトットちゃん』(講談社・黒柳徹子著)の
挿絵も、いわさきちひろさんだったなあ。。。小学生くらいのときだったか。




調べてみると、いわさきちひろ美術館が、東京・上井草と、長野・安曇野にあるんだそう。
東京の美術館は近いけど、私は長野が大好きだから、
安曇野のほうにもいつか機会があったら、行ってみよー

● COMMENT ●

こんにちは
小学校の時、画材店で、いわさきちひろさんの色紙を買ったことがあります。
お小遣いで買えた値段でした。
本当に優しいタッチで、いいですね。
私も好きですよ。
この絵本、可愛いですね。

ぴよこさま

コメントありがとうございます。
ぴよこさん、小学生のときに、すでにちひろさんのイラストと
出会われていたんですね! 
そのときの記憶が強く残っているというのが、
ちひろさんが永く人々に愛されている理由なんですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onlyplacewecanmeet.blog108.fc2.com/tb.php/419-be1ceddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

街はクリスマス «  | BLOG TOP |  » 福島から帰ってきました

サイト内を検索

プロフィール

michikobito

Author:michikobito
古民家や伝統工芸、古い建築物など、
日本ならではのものに目がない、
旅館系インテリアコーディネーター、
二級建築士です。

最新記事

カテゴリ

private (108)
my favorite (22)
家具 (35)
器・雑貨 (56)
テキスタイル (10)
照明 (7)
本 (27)
行ってみた (71)
調べてみた (24)
ココロ惹かれたもの (34)
つくってみた (14)
内装・建材 (9)
ホテル・旅館 (14)
レストラン・カフェ (34)
韓国大好き (4)
記念日カレンダー (12)
犬(凪 NAGI) (8)

FC2カウンター

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。