topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムカプセル郵便と過去の自分から届いた手紙 - 2015.10.09 Fri

郵政博物館で開催中の特別展を見にいってきました。

フランスの絵本を代表するといわれる「カストール文庫」を中心とした内容で、初めて見るものばかりでしたが、配色の美しさや日本とは全く異なるデザインを見ることができました。

bonjour06-thumb-1920x440-675.jpg

特別展「ボンジュール!フランスの絵本たち」
2015.11.8まで開催中


特別展は、東京スカイツリー内の郵政博物館で行われていましたが、ここはとても静かで人も少なく、かなりの穴場でした。
IMG_5320.jpg

IMG_5310.jpg

手紙ラウンジでは、1人1枚無料で自分の顔入りポストカードをつくることができました。
ミニ郵便局が併設されているので、ここから出せば郵政博物館限定の消印を押してもらえるそうです。
(52円切手を買って、実家宛てに投函してきました)



ここで興味深いチラシを発見。

タイムカプセル郵便


10年後の自分宛て・・・
子どもが迎える記念日に・・・
家族の記念日に・・・

など、最高で10年先まで、宛先自由に送ることができる手紙の保管・配送代行サービスのようです。
管理料は10年後まで保管してもらった場合ハガキだと1,500円、手紙は2,000円。
(はがきと切手代、管理料の振込手数料は含まれません)



これを見て、思い出しました!
私も昔、16年前の自分から手紙をもらったことがあったのです。




あったあった
P9293126.jpg
茨城県つくば市で開催されていた『科学万博つくば'85』で、自分あてに送ったポストカプセル郵便。
筆跡の幼さと、書かれた文面のこどもっぷりに相当笑いました。



当時その科学博の会場では、専用ポストに手紙やハガキを投函すると、16年後の2001年(21世紀になって初めての元旦)に配達してくれるという「ポストカプセル2001」という企画が行われていました。

私の記憶からもうすっかり消え失せていた、16年後の2001年1月1日、自宅に1985年の消印でポストカプセル郵便が届いたのです。
このポストカプセル郵便は336万通のうち、全国の郵便局の方々のご尽力により、約303万通が無事配達されたとのこと。
ただただ感謝です。




話はタイムカプセル郵便に戻りますが、
10年後の2025年、、、子どもは11歳になっています。
今、毎日悩みながらの子育て中に、未来の息子宛ての手紙を書くのも楽しそうです。
出してみようかなー

テーマにそった標本箱づくり «  | BLOG TOP |  » イタズラ防止の額縁フック

サイト内を検索

プロフィール

michikobito

Author:michikobito
古民家や伝統工芸、古い建築物など、
日本ならではのものに目がない、
旅館系インテリアコーディネーター、
二級建築士です。

最新記事

カテゴリ

private (108)
my favorite (22)
家具 (35)
器・雑貨 (56)
テキスタイル (10)
照明 (7)
本 (27)
行ってみた (71)
調べてみた (24)
ココロ惹かれたもの (34)
つくってみた (14)
内装・建材 (9)
ホテル・旅館 (14)
レストラン・カフェ (34)
韓国大好き (4)
記念日カレンダー (12)
犬(凪 NAGI) (8)

FC2カウンター

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。