topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマにそった標本箱づくり - 2015.10.16 Fri

最終日にギリギリ行ってきました。
IMG_5484.jpg
キュッパのびじゅつかん  みつめて、あつめて、しらべて、ならべて


初めて体験した、参加型の展覧会でした。



キュッパは、ノルウェーの絵本『キュッパのはくぶつかん』に出てくる、丸太の男の子。
モノを集めることが大好き。
この会場ではキュッパと同じように、自分でテーマを決めてモノを観察し、分類し、集めて、自分だけの標本箱づくりができます。


※こちらの会場は撮影OK
IMG_5381.jpg
幅12メートル、高さ8メートル近くある収納棚がドーン
IMG_5358.jpg
会場内には1,000以上のあらゆるモノがざざっと分類せずに陳列されています。

最終日でしたが、それでもたくさんのモノたちが残っていて、たくさんのお子さんが、カラの標本箱を手に、モノを集めまわっていました。




最後はラべリング。
収納棚の一番下に置いて終了という流れですが、出来上がった標本箱が実にすばらしいのです。
IMG_5373.jpg
一番手前の標本箱のテーマは「とがったもの」。
確かにとがったものばかり!

他にも
「古いもの」
「赤いもの」
「木でできたもの」
など、たくさんの素敵な標本箱を見ることができました。


では、うちの息子(1歳)もチャレンジ。

自分で会場内を歩き回り、次々にモノをつかんで木箱にポトン。
「小さいもの」と「長いもの」に反応していたようです。
IMG_5359-2.jpg
IMG_5361.jpg
はにわが気になったもよう


これは自宅でもやってみたいとなり、早速つくってみました。



散歩中にひろった、秋のもの。
並べ方も息子におまかせ
IMG_5551.jpg
(日付けだけ私が記入)




モノを観察し、収集し、分類していく過程って、大人でもワクワクするし、こだわりがすごくでますよね。
子どもにとっても同じなんだなー。



息子がこれから集めていくもの、興味を持つものを、一緒にラべリングしたり、分類したり、調べたりしていく過程を、我が家なりに一緒に楽しんでみたいと思います。

(私が大の苦手である虫だけは、手伝えませんが

カラーボックスで食器の収納 «  | BLOG TOP |  » タイムカプセル郵便と過去の自分から届いた手紙

サイト内を検索

プロフィール

michikobito

Author:michikobito
古民家や伝統工芸、古い建築物など、
日本ならではのものに目がない、
旅館系インテリアコーディネーター、
二級建築士です。

最新記事

カテゴリ

private (108)
my favorite (22)
家具 (35)
器・雑貨 (56)
テキスタイル (10)
照明 (7)
本 (27)
行ってみた (71)
調べてみた (24)
ココロ惹かれたもの (34)
つくってみた (14)
内装・建材 (9)
ホテル・旅館 (14)
レストラン・カフェ (34)
韓国大好き (4)
記念日カレンダー (12)
犬(凪 NAGI) (8)

FC2カウンター

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。